吹き出物を治すために最後に取り組んでいること

吹き出物が未だに続いていた私ですが最近ようやく治まりを見せてくれています。それまでは何をやっても改善が見出せず半分放置していたといった方が正しいくらいです。私のお肌のトラブルは若い頃からの物、ニキビから始まっています。
今現在まで続くものですからニキビなのか吹き出物なのか大人ニキビなのか分かりませんが、どれも同じようなものです。とにかく今まで来る間、私の人生は綺麗なお肌、この言葉から程遠い人生だったのは間違いないです。
当初から続くニキビ、これは思春期から始まりました。ニキビが出来てから綺麗なお肌って何?そんな人生でしたのでテレビなどで見かける綺麗なお肌の人を見たり街中で見る綺麗なお肌の人や周りに居る綺麗なお肌の人にどれだけ憧れたか分かりません。
何度も繰り返し出来るお肌のトラブル、様々な方法を取り入れてケアをしてきましたが結局は今の今まで治ることも無く来ました。で、このままではと考えたのが内因性から外因性に至るありとあらゆる方法です。食事のバランス、運動での新陳代謝アップ、様々なケアを取り入れ今に至ります。
まだまだ綺麗までは戻っていませんが以前よりはかなり綺麗になってきていますので今後もこれらを続けて吹き出物を綺麗に治そうと思っています。

私のニキビに対する対処法について

私は中学1年生の時にニキビが自分の頬とおでこに出来始めて以来、社会人として働いている大人になった現在も大人ニキビや吹き出物に悩まされ続けています。

私のニキビは大学生時代に一旦症状が軽くなったのですが、今度は大人ニキビと呼ばれるタイプのニキビがまた私のおでこや頬に出来始めてしまったのです。
しかし私は中学生時代からかなりの吹き出物やニキビケアに関する知識を蓄えて実践してきましたので、大人になって大人ニキビが出来てからも焦らずに中学時代から実践してきたニキビケアを毎日行って大人ニキビの症状を抑える事が出来ています。
私が中学時代から行っているニキビケアで代表的な物は、洗顔によるニキビケアです。
洗顔と言ってもただ顔を洗うのではなく、通信販売でしか手に入らないニキビケア製品のニキビケア洗顔料を使って丁寧に顔を洗う洗顔をするのです。
このニキビケア洗顔料による洗顔でまず顔の余分な皮脂を落としてニキビの症状が重くなる事を防ぐ様に心がけます。
そして、就寝前にニキビケア化粧水をニキビケア洗顔の後に顔に振り、顔全体にニキビケア化粧水が浸透するようにぺちぺちと叩いてから眠りにつきます。
このニキビケア化粧水を就寝前に使用するのとしないのとでは翌朝のニキビの状態が全然違ってくるのです。

混合肌はTゾーンに注意

混合肌の持ち主の方に多いのが、油性プラス普通肌という混合肌になります。
特にオイリーになりやすい箇所というものは、相場が決まっていて、Tゾーンという部分が油性になりやすい箇所として知られています。
ですから、同じ顔のスキンケアを図るにしても、顔全体としてみるのではなく、Tゾーンとそれ以外といったような、少なくても2部位に分けて考えることが必要なのです。

混合肌の多くの方は、Tゾーンにはテカりというものを悩みにかかえていたり、Tゾーンを中心に黒ずみというものに悩むことが見られています。
更には乾燥ですね。
これが深い関わりを持っているとされており、保湿の部分にも気を使う必要があるのです。

Tゾーンに関しては、もともとが皮脂の分泌の多い部位として知られています。
この皮脂をしっかりと洗い流すことができていないことによって、Tゾーンが黒ずんでしまったり、油が毛穴から浮き出て、オイリーな状態になってしまうわけです。
こういったことから、しっかりとしたTゾーンの洗顔方法を洗濯することが、非常に大事なアクションになります。
他にも保湿ですね。
保湿の場合には、脂分の強いものを避けるということも、Tゾーンのケアには重要な視点になりますから、覚えておきましょう。

ニキビができたら優しいピーリングで治す

鏡を覗いてニキビができちゃってたら、その日一日は相当ヘコんじゃいますよね。
中学、高校の頃は顔面ニキビだったんんだけど、大人になってからはそんなにニキビができなくなって喜んでます。

まあ、たまに不摂生して、あごの辺りにポツポツと数個ほどニキビができちゃいますが、私の場合は肌の乾燥が影響してか治りが遅いんです。

そんな時にはニキビの最大の原因である食事とか睡眠をちゃんと取るようにして、その上でスキンケアするのが一番かなって思います。
とにかく、乾燥はニキビ悪化の原因になるから、保湿はしっかりするようにしてますね。
化粧水をたっぷりと肌に付けて、ごく薄く乳液を伸ばすようにしています。
それから、ピーリングも効果ありです。
私の場合は乾燥肌で角質が乱れる事が多くて、肌ががさがさになってしまうんです。
角質が厚くなってるとニキビの毛穴が塞がっちゃって、ニキビが悪化しやすいんです。
だから、古い角質を落とすためにピーリングすることもあります。
もちろん、スクラブ入りはご法度です。
ニキビには刺激が強すぎて、化膿してしまうこともありますから。
肌に優しいマイルドなピーリング剤で、やっても週に一回くらいに留めておくのが無難ですね。
ピーリングとシンプルなスキンケア、そして生活を見直すというので、大抵はニキビが納まってくれます。

チョコレートが原因でできたニキビ

私はチョコレートが大好きです。小さいころからチョコレートばかり食べていて、食べ過ぎで虫歯になったこともあります。

チョコレートはニキビになるといわれていて、実際私もニキビができました。豊富な脂肪分が原因で皮脂分泌が活発になり、毛穴が詰まってニキビができると思われていますが、脂肪分よりも砂糖が問題なんだそうです。

砂糖の糖分を代謝するのにはビタミンB2やB6が必要です。食べ物に含まれていればいいのですが、チョコレートには含まれていないので、体内から引き出してくる必要があり、ビタミンB2とB6が不足します。皮脂分泌を抑制する働きもあるので、不足すると皮脂の分泌が活発になり毛穴がつまってニキビができます。

チョコレートの食べ過ぎで顔中赤いニキビができてしまいましたが、大好きだから食べたい。少しだけ食べる量を減らしたけど治しませんでした。

ニキビがたくさんできたときは、ドラッグストアに売っているニキビ治療薬を塗りました。塗った翌日にはニキビが小さくなっています。

ある年、ハイカカオチョコレートが人気を呼びました。私もハイカカオチョコレートを食べてすっかりはまりました。ハイカカオチョコレートは糖分が少ないチョコレートです。糖分が少なければビタミンB2とB6が浪費されることがなく、皮脂の分泌が抑制されます。甘いチョコレートを食べなくなったらニキビが治りました。

ニキビや吹き出物に関する思い出

私は小学生時代から吹き出物が出来やすい体質でした。
私が小学生の時に自分に吹き出物が出来ている事に初めて気がついたのが小学4年生の時でした。

その日私は当時所属していた少年野球の試合の為に近隣の河川の土手にある河川敷の野球グラウンドに行き、他の少年野球のチームとの試合に参加していました。
ポジションは3番のサードだった私は、打順が回ってきてヒットを打ち、セカンドベースにスライディングをしてベースインしたのですが、その時にお尻に激痛を感じたのです。
私はスライディングの際にお尻を怪我したと思い、攻守交替の時にズボンを脱いでチームメイトに私のお尻の痛む箇所を確認してもらったところ、チームメイトは「お前、お尻にでっかいおできが出来ているよ」と言ったのでした。
私はその時に初めて自分のお尻に吹き出物が出来ている事に気がついたのです。
そしてその時から私と吹き出物、ニキビとの闘いの日々が始まったのです。
そして私は小学生時代はお尻だけではなく顔やモモの付け根などにもおできなどの吹き出物がしょっちゅう出来ていました。
吹き出物は時に化膿して腫れ上がってしまい、母親に連れられて皮膚科で化膿したおできの膿を抜く手術も行った事もありました。